舞鶴市・福知山市・綾部市で注文住宅なら株式会社ドレメへ|舞鶴 福知 綾部 注文住宅 一戸建て 工務店

これからの電気料金と固定買い取り価格予測

「買う電気」と「売る電気」の価格動向

これからは「買う電気」の価格がどんどん高くなって、 「売る電気」の価格が下がって行くんだよ。

今は電気を売る方がオトクでも、電気を買わずに「創った電気は自分で使う」方がオトクになるのね

じゃあ、電気を買わないためには 何が必要だと思う?

そのためには蓄電池が必要ね。
蓄電池導入時には補助金も出るし、停電などの災害時にも安心ね。

蓄電池があれば出力制御で電力会社が電気を買わない時でも発電した電気をムダにしません!

太陽光発電買い取り価格推移2017年以降予測

10kw未満制御なし(税込) 10kw未満制御あり(税込) 10kw以上(税抜/税込)
2015年 33円 35円 29円/31.32円
2016年 31円 33円 24円/25.92円
2017年 28円 30円 21円/22.68円
2018年 25円 27円 19円/20.52円
2019年 22円 24円 17円/18.36円
2020年 19円 21円 14円/15.12円
2021年 16円 18円 11円/11.18円
2022年 13円 15円 8円/8.64円

今後の固定買取価格は毎年2〜3円づつ下がっていくと思われます。

電力会社によってはもうすでに電気を売る価格より買う価格の方が高いのね。

だからこれからは電気を売らないで、自家消費するのがオトク。
10kw以上の太陽光発電でも、余剰配線にしておいて、 電気を見える化するAI機能付きHEMSを設置する必要があるんだ。

住宅の高気密性能や設備機器の性能に頼るだけではなく、間取りの工夫も重要になってくるわね

その通り。消費エネルギーが低くて将来にわたって光熱費のかからない、そもそも電気を買わないような家づくりを目指しましょう!